学生の時のアルバイトについて

はっきりとした目標があってアルバイトをしたわけではありませんでした。友達がアルバイトで小遣い稼ぎをしていたのでうらやましく思ったのと、アルバイトをしている人の方がなんか自立していてカッコよく見えたので自分でも始めてみようと思いました。
実際アルバイトをして良かったです。まずお金を稼ぐのは大変だということを学びました。

今までは親からお金を貰ってばかりだったので気が付きませんでした。たった1000円でも結構苦労して稼がなければいけないんだと感じました。

それからマナーや常識を学べて良かったと思います。例えば言葉遣いや作法などです。ちょっと大人になった気分でした。勝手にバイトをしていない子に対して優越感を感じていました。実際にアルバイトで学んだことは社会人になっても役立っていると思います。

それからアルバイトは貴重な人生経験になったと思います。私の場合は二種類のアルバイトしか経験がありませんが、友達はもっと色々な経験をしています。社会人になってからではなかなか出来ないような経験です。例えばちょっと危険だけど高時給のアルバイトや、大人になってからだと出来ないような恥ずかしい仕事(変な仕事ではありません)等です。私ももっと時間のある内に色々経験をしておけば良かったと感じてしまいます。また幅広い業種のアルバイトを経験していれば話題も豊富になって彩り豊かな人生を歩めると思います。

このようにアルバイトをして得たものは沢山あります。そのアルバイトをしているなかでひとつどうしても治したかったことがありました。それは手汗です。

もともと手汗をかきやすい方でちょっと緊張したり、不安なことがあると手汗をじんわりとかいてしまっていました。飲食店で働いていると、そのせいで食器を滑らしそうになったりといつも指先とかに緊張感を持っていたのですが、それが余計に手汗を出している感じもしていましたね(+o+)

すぐに手汗を止める方法がないか調べてみると、制汗スプレーみたいなスプレーで抑制してくれるっていうのがあったので試してみると手汗を止めてくれて気にならなくなりましたよ!!
アルバイトをして悪かったことは、仕事をさぼる人がたくさんいてイライラしてしまったり、たまたま社内での恋愛問題があり人間関係がドロドロしていたことです。それも今思えば良い経験だったと言えるのかも知れません。

夏限定の私の決まりごと。

私にとって夏はとても苦手な季節です。
私の場合夏が来ると困るのがまずは紫外線です。
日焼けが気になるのはもちろんですが、それ以外にも、日差しの弱い寒い時期は良いのですが日差しが強くなってくると日光アレルギーが出始めます。
ついうっかり日焼け止めを塗り忘れたりすると、ポツポツが出来てしまって痒みが治まらなくなってしまいます。

私は頭皮も弱く、日焼けっぽくなるとすぐに痒くなったり、フケのようなものがでるので頭皮ケアもしっかりとしなくてはいけません。。。

なるべく帽子をかぶったりと対策はしているのですが、夏場の帽子って頭の中が蒸れちゃうのでそれはそれで頭皮には悪そうなんですよね・・・なので日に当たる時だけ被るようにしています。そうすると髪が帽子の型が付いて変になるのが嫌!!なんだか夏って私にとったらいいこと全然ないんですよね〜((+_+))
そして次には、愛するワンコ達のお散歩です。
夏場になるとアスファルトが焼けて高温になってしまうので靴を履かないワンコにとっては焼けた鉄板を裸足で歩くのと同じです。
そして、人よりも地面に近いところにいるワンコ達にとってはアスファルトの照り返しはかなり高温になっていてサウナ状態です。
ですから、朝は5時に起きて太陽が顔を出す前にお散歩に行き、夕方は太陽が沈んでアスファルトの温度が下がってからお散歩に出るようします。
朝は家族の出勤までにお弁当や朝食を作らなくてはいけないので、かなりギリギリの時間で行動しなくてはならないので大変です。
そして私はあまりクーラーが好きではなく、あまりに長時間使っていると身体の芯が冷えてしまって酷い肩凝りや頭痛に悩まされてしまいます。
身体が涼しく気持ちいいからといって、クーラーの効いた部屋に長くもいられないので長時間の会議などの場合には上着を羽織ったり、ひざ掛けを持っていったりしています。

車を買いました

私が人生30年ちょっとの中で一番高価な買い物をしたのは、車です。 今から7年前に通勤で車が必要になり、車を購入することを決意しました。 どうせ買うなら新車と思い相場を調べましたが、100万円以上はするので、大きな買い物だなと思い頭を悩ませました。

しかし貯金もありましたし、今買うしかないと思って、車選びを始めました。 車を見ている時には、「お金がかかるな」という気持より、「自分の物になるんだ」というワクワク感が強かったです。

車にローンを組むという人も多いですが、私は現金で一括して支払いたいタイプであり、今あるお金の中で身の丈にあった車を買おうと思いました。 私が選んだのは、120万円の軽自動車でした。お金ないのに何かを買おうとするっていうのがちょっと私には受け入れがたいと言いますか・・・貯金をする余裕がないとか、貯金が出来ない人が、ローンを組んでしっかりと返済をしていけるように思えなかったり・・・家とかは別ですよ??車もフルローンで購入っていうのがなんとなく身の丈に合っていないんじゃないかって感じたりします。私の勝手な思いですが・・・

購入したことで貯金は半分以下に減ってしまいました。かなり頑張って貯めたものなので残高を見たらがっかりしましたが、車が手に入った嬉しさがそれを上回っていました。貯金はなくなりましたが、また頑張って貯めたら良いかと思い、その車でうきうきと通勤していたことを覚えています。

ドライブも楽しくなり、休日には友人とよくドライブに出かけていましたね(*^-^*)

高価な買い物をする時にはどきどきしますが、気持ちも高揚して自分へのご褒美という気分になれるなと思いました。高価な物を買う気持ちをたまに味わえると幸せだなと思いました。

また新しい車を購入するときのために一生懸命に働いて貯金をしておきたいと思います!!

 

 

恋愛関係ではないのに気まずい関係

中学に入学した時の話です。
同じクラスになった女子に、その女子の兄と、私の姉が、当時付き合っていました。
私は知らないフリをしてたんですが、その女子が友達に、その事を話したようで、いろいろ噂がされるようになってしまいました。
私と、その女子も付き合えとか、揶揄われ、当時は中学生なので、そんな冗談でも顔を真っ赤にしていました。
その女子も、同じように真っ赤になっていましたが、だんだん私の事を、無視するようになってきました。
ある時、席が隣だったので、その女子が消しゴムを落としたので、拾ってあげると、睨まれたのを覚えています。それ以来、ギクシャクした関係が続いてしまいました。
いまでは、同窓会などで、その事を笑って話せますが、当時は困っていました。初めてこのことに触れることが出来たのは、大学に入ってから、花屋さんのアルバイトを始めたときに同じくその女の子も花屋さんで働いていて、職場仲間となったときですね。

この時以来かなり仲良くなって、実は1度付き合ってもいたんですよね。兄と姉が付き合っていたように、私たちも付き合うことになったのです。

兄と姉のように別れることにはなったのですが、今でも仲良く同窓会とかではみんなでそういった話で盛り上がるって感じです。

ロスに行ってきました。

新婚旅行でアメリカのロスに行ってきました。

今までも、ニューヨーク・ボストンには行った事があるんですが、ロスは初めてでした。

ニューヨーク・ボストンもいい所だったんですが、ロスも凄く楽しかったですね。

日本人の方はロスの方が観光にも住むにも向いているような気がします。

日本人の方も多いし、1年中気候もよく暖かいですしね。

観光スポットも多くお勧めですよ(^_^)/